当院について

院長ごあいさつ

院長画像

はじめまして、えのき眼科の院長 榎敏生と申します。2001年6月5日 お茶の香る狭山市で、眼科手術や診療を通して、患者様の目を救い皆様に幸せになって頂きたいと思い、『 えのき眼科 』を開設致しました。謹んでご挨拶申し上げます。

私は大学は防衛医科大学校眼科や札幌医科大学眼科で研修させて頂きました。大学を卒業してからが本当の勉強で、日本全国の白内障スペシャリストといわれている先生方の門戸を叩き、手術や考え方を教えて頂き白内障手術の研鑽を積みました。今では私自信が難治白内障手術のスペシャリストとなることができ、より進化できるように日々精進しております。さらに眼科研修医や眼科専門医などへの白内障手術の勉強会など学会活動も行っております。

当院は、白内障、緑内障、網膜剥離、加齢黄斑変性、黄斑円孔、眼瞼下垂など、最先端の医療機器を習得して、それぞれの手術を専門に行っている眼科専門医が手術を担当しております。

えのき眼科の根本理念

えのき眼科の根本理念は、眼科手術や診療を通して、患者様の目を救い患者様に幸せになって頂くことです。

  1. 専門性の高い眼科手術をその専門分野の技術力の高いドクターに執刀していただき、安全性の高い眼科手術を設定致します。
  2. 最新の医療機器を導入し、最先端の医療技術で、眼科専門医が説明に努め安心できる医療を提供致します。
  3. 患者様に快適な『えのき眼科』になれるように、患者様の声や気持ちを大切にして、心のある医療環境を提供できるように努めていきます。

創立17年目のえのき眼科は患者様と共に成長しております。今まで地域の患者様に愛されてスタッフ一同大変感謝しております。眼科診察では、常に患者様の立場でお話しを伺い、患者様を第一に考え、診察します。眼科学の基本に基づいて精密な検査を行い、原因を追求し、最良かつ最高の医療を提供致します。

当院は防衛医科大学校眼科学教室 竹内教授や帝京大学溝口病院眼科 石田教授に外来や手術を担当して頂いております。他院の眼科で診断不明と言われた患者様や他院では手術できないと言われた病気もえのき眼科に来院して下さい。常勤非常勤を合わせて20名以上の眼科教授や眼科講師や眼科専門医がチーム医療で難しい症例に立ち向かいます。他院で難しい無理であると言われた患者様も、えのき眼科で診断/治療/手術ができる可能性がありますので、まずえのき眼科に来院して頂ければと思っております。一人でも多くの患者様の目を救えることを願っております。

略歴

平成5年 防衛医科大学校 卒業
平成5年 防衛医科大学校付属病院眼科 初期臨床研修
平成7年 札幌医科大学医学部付属病院眼科 初期臨床研修
平成9年 防衛医科大学校付属病院眼科 専門臨床研修
平成9年 国立障害者リハビリテーションセンター 研修(防衛医大所属)
平成11年 さけみ眼科 副院長
平成13年 えのき眼科 院長
平成24年 防衛医科大学校眼科学講座 招聘講師
平成26年 清瀬えのき眼科 理事長
現在に至る

役職

  • 日本眼科学会認定 眼科専門医
  • 埼玉県視覚障害者 認定指定医
  • 防衛医科大学眼科学教室 招聘講師
  • 日本眼科学会会員
  • 日本眼科手術学会会員