手術

多焦点眼内レンズ

治療について

多焦点眼内レンズZMB00-画像

老眼について

普段、私達は、水晶体を厚くしたり薄くしたりしてピントを合わせています。
30歳を過ぎると、徐々に水晶体が硬くなってきて、調節力が落ちてきます。40歳前後になると、「近くの細かい字が見にくい」「夕方になると見にくい、目が疲れる」「近業作業をしていて、急に遠くに視線をうつすと、ピントが合うまで時間がかかる」などの症状が出てきます。この、加齢による調節機能の低下を老眼(老視)と言います。

老眼は近視・遠視・乱視などの屈折異常ではなく老化現象ですから、誰にでも必ず起こってくる現象です。今までは、老眼になると「老化現象だから仕方がない。近用眼鏡をかけましょう。」と根本的な治療がありませんでした。
最近では白内障の手術の際に、老眼治療も同時に行うことができるようになっています。先進医療 多焦点眼内レンズでの老眼治療が厚生省に認可され、保険診療ではありませんが、老眼治療も受けることができるようになりました。これは、老眼で困っていた患者様には画期的な進歩であると思います。

さらにこの先進医療 多焦点眼内レンズは、自由診療となりますが医療保険で先進医療特約をかけられている患者様は、ほとんどの場合医療保険先進特約による治療を受けることができる可能性があります。保険会社に『 契約で先進医療特約をつけているか 』を問い合わせをして頂くと良いと思われます。

その他にプレミアム 乱視矯正 多焦点眼内レンズは、すべて自由診療となりますが世界で最も高付加価値な新しい眼内レンズであるといえます。
それぞれのレンズを下にまとめて説明致します。

眼内レンズについて

単焦点眼内レンズ
国内承認 保険診療 先進医療適応外

単焦点レンズは基本的に1か所にピントがあいます。「遠く」「中間」「近く」のどの距離が見やすい眼内レンズにするのかを選びます。ピントがあう距離は鮮明でくっきりしますが、ただその距離以外はメガネが必要となります。


先進 多焦点眼内レンズ(2焦点)
国内承認 手術自由診療/診察保険診療 先進医療適応

先進多焦点レンズは、「遠くと近く」または「遠くと中間」というように、2か所にピントがあいやすい眼内レンズです。ただし、暗いところで細かい文字が少し見づらかったり、見え方に慣れるまでに時間がかかったりすることがあります。ただ、単焦点眼内レンズよりメガネをかける頻度は減って、裸眼で生活ができる時間が長くなります。当院は厚生労働省の 先進医療認定施設ですので、手術前後の診療は保険診療が可能です。さらに生命保険で医療保険の先進医療特約に加入されている場合は、先進医療特約で全額が給付されることが多いです。保険会社に先進医療特約の加入をご確認される事をおすすめ致します。高付加価値な眼内レンズですが、高価であることが最もデメリットです。


プレミアム 乱視矯正 多焦点眼内レンズ(3焦点)
国内未承認 自由診療 先進医療適応外 

特殊 乱視矯正 多焦点眼内レンズは近距離と遠距離に加えて、中間距離にも焦点が合いやすいレンズが開発されています中間距離も他のレンズよりも見やすいレンズであり、どの距離もある程度見えることを希望される患者様に適しています。
 さらに多焦点希望のある乱視の強い患者様に対して、乱視矯正 多焦点眼内レンズも開発されています。非常に先進性のある高付加価値な眼内レンズと言えます。デメリットとしましては先進医療の恩恵を受けることができず、しばらくの期間手術も眼内レンズも診察も自由診療となります。

※ 多焦点眼内レンズ(先進/プレミアム)は慣れるのに時間がかかる場合があります。
※ 多焦点眼内レンズ(先進/プレミアム)は暗いところで光がにじんでみえることがあります。
※ 夜間に車の運転を長時間される方や細かな作業を長時間行う職業の方には適さない場合があります。
※ 手術中の所見で、プレミアムレンズが入らず普通の単焦点眼内レンズが入る可能性があります。
※ 乱視矯正眼内レンズは乱視を軽減しますが、すべての乱視の完全矯正ができるわけではありません。