手術

斜視弱視治療

人間の左右の眼は、意識がボーッとした状態では上下・あるいは内・外向きにずれていることがよくあります。ですが、そのままで見るとだぶって見えてしまい脳が混乱するため、脳から指令が出て左右の眼の位置を補正し、一つに見えるようにする働きがあります。これを両眼視機能といいます。
斜視とは右目と左目の視線がずれた状態のことをいいます。これは自力で眼の位置を補正するには元々のずれが大きすぎる場合、眼球を動かす筋肉や神経に異常がある場合、遠視が強い場合、あるいは両眼視機能がない場合などにおきてきます。視力の発達期にある子どもの斜視の場合、そのままにしておくと視線がずれている眼の視力が出ない弱視になったり、両眼視機能が発達せず立体的にものをとらえられないまま成長してしまいますので、視能訓練や手術を受けていただく必要があります。大人の斜視の場合は、いつから発生しているか、原因は何か、両眼視機能があるか、などの条件で対処法が変わります。
治療は特殊な「プリズム」を組み込んだ眼鏡を使ったり、眼球の向きをコントロールする筋肉の位置をずらす手術により対処します。

両眼視機能

治療は特殊な「プリズム」を組み込んだ眼鏡を使ったり、眼球の向きをコントロールする筋肉の位置をずらす手術により対処します。

弱視

人間の眼は、産まれながらに遠くまで見えるわけではありません。
産まれたときはほとんど視力はなく、身の回りにあるものを見つづけることで脳が刺激され、脳の発達により視力が出るようになってきます。だいたい3~4歳で、矯正視力が1.0測れるようになるのが一般的です。

ところが、生まれつき乱視や遠視が強いと身の回りのものがぼやけて見えます。すると、そのぼやけた世界がその子にとっての当たり前になってしまい、視力があまり上がらないまま成長してしまいます。これが弱視で、弱視とは眼ではなく脳の発達が未熟な状態といえます。他には、先天性の白内障や眼瞼下垂、斜視などが原因でも弱視になります。

弱視があるとわかった場合、まずはその原因を取り除くことが重要です。
遠視や乱視に対してはメガネをかけたり、白内障や眼瞼下垂に対しては手術をする必要があります。
その上で、8歳程度までは視力発達の可能性が高いので、通院していただきながら弱視の眼を強制的に使わせる訓練を行い、治療していきます。