手術

乱視矯正白内障手術

乱視とは近視と遠視と共に屈折異常の一種です。
目の良い人(正視)は遠くを見た時に角膜・水晶体で屈折されて網膜上にピントを結んで物を見ます。しっかりとピントを網膜上で結ぶのに対して、近視・遠視・乱視はピントを結ぶ位置が網膜上からズレてしまうのです。

目について

正視

正視とは

遠くを見た時に網膜でピントを結んでいる状態で、像がしっかりと見えます。

近視

近視とは

遠くを見た時に網膜の手前でピントを結んでしまい像がぼやけてしまっている状態です。近視は日本人に最も多いと言われている屈折異常です。

遠視

遠視とは

遠くを見た時に網膜の後ろでピントを結んでしまっている状態です。網膜よりも後ろでピントが合ってしまっているため、遠くを見る時は調節力を使って網膜上にピントを合わせて見ているのです。若いうちは調節力が強いため自覚はないですが、遠くも近くも見にくく疲れやすい目だといえます。

乱視

乱視とは

近視や遠視の場合、網膜上からズレているとはいえ、手前か後ろのどこかでピントは合います。しかし乱視は角膜や水晶体の屈折力がバラバラのため、一点で像を結ぶことができません。円柱レンズによって矯正が可能な乱視を『正乱視』といい、乱視矯正 眼内レンズや乱視矯正 ICLや眼鏡やコンタクトレンズで矯正ができます。一方、不規則にゆがんでいる乱視を『不正乱視』といいます。こちらは、乱視矯正眼内レンズや乱視矯正ICLや眼鏡やソフトコンタクトレンズでの矯正は難しいです。

乱視について

乱視の原因
乱視は角膜や水晶体の歪みによって起こります。 角膜の歪みが原因の乱視を「角膜乱視」、水晶体の歪みが原因の乱視を「水晶体乱視」といいます。一般的な乱視は角膜乱視がほとんどです。しかし乱視の場合はラグビーボールのような歪んだ形になっているため、方向によって屈折力が変わってしまい、ピントを一点に合わせることができないのです。このように角膜の形が歪んでいる乱視を「正乱視」といい、乱視矯正眼内レンズや乱視矯正ICLや眼鏡やコンタクトレンズで矯正ができます。一方、角膜の表面がデコボコになっているために起こる乱視を「不正乱視」といいます。
こちらは、乱視矯正眼内レンズや乱視矯正ICLや眼鏡やソフトコンタクトレンズでの矯正は難しいです。
乱視の見え方
ほとんどの人が持っており、乱視があるのは珍しいことではありません。見にくさや、いつまでも経っても改善しない目の疲れなどを感じた場合は、乱視が原因となっている可能性もあります。乱視を含めた視力低下は生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)を低下させる原因の一つとなります。乱視矯正の技術が進み現在では乱視の矯正法として乱視矯正眼内レンズや乱視矯正ICLや眼鏡・コンタクトレンズと様々な方法があります。

乱視矯正 白内障手術について

当院の白内障手術は、極小切開で強角膜切開をしたあと、濁った白内障(水晶体)を超音波乳化吸引術で取り除いて、新しい眼内レンズを挿入します。普段の白内障手術は3~4分台で行っております。
その際に入れる眼内レンズはCASIA2による術前検査で不正乱視でなく正乱視が大きいとでた患者様には、乱視矯正 白内障手術を行います。

遠視

水晶体の持っている調節機能はありませんので、基本的に焦点が一つになります。(単焦点レンズ)例えば焦点を遠くに合わせると、遠くは裸眼で見えますが、近くはメガネをかけて見る事になります。人は50歳を超えてくると老眼は経験してはおりますが、やはり老眼鏡を常に持つのは面倒ですね。手元が見えない不自由さはかなりストレスに感じます。老眼鏡を常に持たないとスマホや本が読めません。そこで老眼を矯正 乱視を矯正できる付加価値の付いた眼内レンズがでてきました。それが多焦点眼内レンズ 乱視矯正眼内レンズです。

実は白内障手術というのは、老眼矯正や乱視矯正など屈折矯正手術を兼ねているのです。濁った水晶体を取り出すだけでなく、高度な近視や遠視や乱視を矯正したり、さらに老視も矯正したりできるようになっています。医療技術の進歩で患者様が快適な生活をおくれるように、眼内レンズが進歩してきたのです。(不正乱視は対象外です。)

近視

老眼で携帯スマホや本が読めずに次第に字を読むことから遠ざかっていた患者様、近視が強くてメガネが分厚くなって困っていた患者様、乱視が強くてメガネでも目が見えないと諦めていた患者様、ご自身のライフスタイルにあわせてレンズを選択すれば、今まで諦めていたり困ってきたことを解消できる可能性があります。

これからの快適な生活の為に、費用対効果なども合わせて良く検討して下さい。このHPを通じて患者様が快適な見え方になっていただける一助となりますと幸いです。

なお白内障手術をされないで、乱視を(近視や遠視も同時に)矯正したい場合は、ICL(Implantable Contact Lens)眼内コンタクトレンズ治療を行うことができる。

老眼矯正 眼内レンズのご案内

  • 保険診療で行える 乱視矯正 白内障手術(単焦点 白内障手術)について

    単焦点レンズでは 乱視矯正 白内障手術が可能です。
    不正乱視成分が小さいことが条件となります。。

  • 先進医療で行える 老眼矯正 白内障手術(多焦点眼内レンズ 白内障手術)について

    複数の距離に焦点が合う先進医療での多焦点眼内レンズ。
    近方にも焦点があるので、メガネをかける時間を減らすことができる。

    当院が先進医療認定施設ですので、患者様が任意の生命保険や医療保険で先進医療特約を契約していると全額支給される事が多い。
    ※先進医療とは、厚生労働省において、安全性、倫理性、有効性などを審査して承認された新しい技術で、厚生労働省により認定を受けた医療施設で受けることが出来ます。

    普段の診察や検査を保険診療であるが、手術と眼内レンズが自由診療となる。
    暗い所で光を見たとき光の輪(ハロ)や散乱(グレア・バースト)がある。
    慣れるまで時間がかかることがある。焦点が合ったところのコントラストが単焦点レンズに比べやや劣る事がある。

各種先進医療多焦点レンズについて

  • ⑦⑧⑨AMO社 TECNIS®Multifocal®

    2焦点回折型眼内レンズ。
    現在、日本国内で最も普及している多焦点眼内レンズ。
    近方焦点が33cm・42cm・50cm の3タイプがある。
    乱視矯正ができない。

    詳細はこちら

  • AMO社 TECNIS®Symphony®

    エシュレット回折型眼内レンズ。
    エシェレット回折構造でピントのあう明視域を広げる光学設計。
    手元のピントが合いにくいものの、遠方から中間までの見え方の質がよい。。
    カタログ上は、夜間のハロやグレアが少ないと記載がある。
    将来乱視矯正 多焦点眼内レンズになる可能性がある。(まだ次期未定。)

    詳細はこちら

  • Alcon社 AcrySof® IQ ReSTOR®

    アポタイズ回折型2焦点レンズ。
    Yellowが濃い為、色彩感覚の違和感や見づらいと感じることがある。
    近方は見づらいが、乱視矯正レンズも準備があるが評判が悪い。
    一時リコールで配給が停止していた。

    詳細はこちら

自由診療で行う 老眼矯正 白内障手術について

複数の距離に焦点が合う完全に自由診療で行う多焦点眼内レンズ。
乱視矯正でき3焦点(遠く、中間、近く)に焦点があうレンズがある。
注意:患者様が任意の生命保険や医療保険で先進医療特約を契約していても、先進医療は支給されません。すべてが自由診療となります。

暗い所で光を見たとき光の輪(ハロ)や散乱(グレア・バースト)が理論上ほとんどないレンズがあります。慣れるまで時間がかかることがあったり、焦点が合ったところのコントラストが単焦点レンズに比べやや劣る事があります。
各種先進医療多焦点レンズによって特徴があるので下記します。

  • ⑪乱視矯正 プレミアム 3焦点眼内レンズ(遠方 中間 近方)
     PhysIOL社  FINEVISION NON-TORIC® TORIC®

    3焦点回折型眼内レンズ。
    遠方・近方だけでなく、中間距離も見やすい。
    回折型2焦点で光学的ロスとなっていた部分を利用して3焦点化している。さらに乱視矯正もでき満足度の高いレンズです。

    詳細はこちら

  • ⑫乱視矯正 分節屈折プレミアム 3焦点眼内レンズ(遠方 中間 近方)
     Oculentis社 LENTIS Mplus X®

    分節屈折型眼内レンズ。
    3焦点が見やすいが、手元の見え方はやや弱め。
    だが、遠方の見え方の質が良い。回折型に比べると、暗所での光の滲みが少ない。
    乱視矯正もオーダーメイド制作での対応が可能です。

    詳細はこちら

  • ⑬累進焦点 プレミアム EDOF型眼内レンズ 
     SIFI社  MiniWELL Ready®

    累進焦点EDOF型眼内レンズ。
    焦点深度が拡張しているのででピントのあう明視域を広げる光学設計で乱視を感じづらい。。
    新世代の多焦点レンズと言われている。3焦点の遠方・中間・近方が見やすいが、手元の見え方はやや弱め。
    さらにハロー・グレアがほとんどない質のよい見え方である。
    夜間や暗い所での車の運転に最も適しているレンズである。

    詳細はこちら

最後に

不正乱視成分が多い場合は適応となりません。
裸眼での見え方に不自由されている患者様は医師にご相談下さい。