手術

乱視矯正白内障手術

乱視とは近視と遠視と共に屈折異常の一種です。
目の良い人(正視)は遠くを見た時に角膜・水晶体で屈折されて網膜上にピントを結んで物を見ます。しっかりとピントを網膜上で結ぶのに対して、近視・遠視・乱視はピントを結ぶ位置が網膜上からズレてしまうのです。

目について

近視

近視とは

遠くを見た時に網膜の手前でピントを結んでしまい像がぼやけてしまっている状態です。近視は日本人に最も多いと言われている屈折異常です。

遠視

遠視とは

遠くを見た時に網膜の後ろでピントを結んでしまっている状態です。
遠視の場合は遠くがよく見えると思われがちですが、網膜よりも後ろでピントが合ってしまっているため、遠くを見る時は調節力を使って網膜上にピントを合わせて見ているのです。若いうちは調節力が強いため自覚はないですが、調節力が衰える老眼が入ってくる世代になってから初めて遠視に気付く人も少なくありません。また近くを見る時はさらに強い調節力を必要とするため、遠くも近くも見にくく疲れやすい目だといえるのです。

乱視

乱視とは

近視や遠視の場合、網膜上からズレているとはいえ、手前か後ろのどこかでピントは合います。しかし乱視は角膜や水晶体の屈折力がバラバラのため、一点で像を結ぶことができません。つまり乱視はどこにもピントが合っていない目だといえます。そこに近視や遠視も加わってしまうと、さらに見にくくなってしまうのはいうまでもありません。

乱視について

乱視の原因
乱視は角膜や水晶体の歪みによって起こります。 角膜の歪みが原因の乱視を「角膜乱視」、水晶体の歪みが原因の乱視を「水晶体乱視」といいます。一般的な乱視は角膜乱視がほとんどです。しかし乱視の場合はラグビーボールのような歪んだ形になっているため、方向によって屈折力が変わってしまい、ピントを一点に合わせることができないのです。このように角膜の形が歪んでいる乱視を「正乱視」といい、乱視矯正眼内レンズや乱視矯正ICLや眼鏡やコンタクトレンズで矯正ができます。一方、角膜の表面がデコボコになっているために起こる乱視を「不正乱視」といいます。
こちらは、乱視矯正眼内レンズや乱視矯正ICLや眼鏡やソフトコンタクトレンズでの矯正は難しいです。
乱視の見え方
ほとんどの人が持っており、乱視があるのは珍しいことではありません。見にくさや、いつまでも経っても改善しない目の疲れなどを感じた場合は、乱視が原因となっている可能性もあります。乱視を含めた視力低下は生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)を低下させる原因の一つとなります。乱視矯正の技術が進み現在では乱視の矯正法として乱視矯正眼内レンズや乱視矯正ICLや眼鏡・コンタクトレンズと様々な方法があります。

乱視矯正治療

トーリック眼内レンズでの乱視矯正

特殊なトーリック眼内レンズを用いて、白内障手術の際に同時に乱視矯正手術も行います。乱視を軽減させる事ができ、術後にメガネをかけないでいるときの見え方がすっきりとしてピントも合いやすく、通常の白内障手術より裸眼での見え方が向上します。ただし、不正乱視成分が多い場合は適応となりません。ご高齢になるにつれて不正乱視が増えますので、適応とならないことが多くなります。ご心配な患者様は医師にご相談下さい。

トーリックICLでの乱視矯正

白内障があまりない場合白内障手術をせずに、ICL眼内レンズを用いて乱視矯正手術を行います。乱視(や近視や遠視も)を軽減させる事ができ、術後にメガネをかけないでいるときの見え方がすっきりとしてピントも合いやすくなります。裸眼での見え方が向上し、角膜を削らないで、メガネをかけない生活を送れる時間が長くなります。

最後に

不正乱視成分が多い場合は適応となりません。
裸眼での見え方に不自由されている患者様は医師にご相談下さい。