手術

日帰り白内障手術

手術は患者さまの一生を左右する大切なものです。安全により良く見えるようになるために、最先端の白内障手術を専門性の高い眼科医のもとで受けてください。当院は厚生労働省より先進医療認定施設に指定されております。さらに院長は25年間の白内障手術経験と、累計15,000例を超える手術実績を誇ります。患者様の大切な目に責任を持って執刀させて頂きます。
 当院では防衛医大眼科 竹内教授や帝京大学溝口病院眼科 石田教授の教授陣の御執刀や御高診を頂き、大学病院でしかできない手術も行っております。

白内障について

目の中の水晶体が濁り、光が通りづらくなりみえづらくなる状態です。

  • 康な目

    光は網膜に届きよく見えます

  • 内障の目

    白内障の目

    光が網膜に届きにくく見えづらくなります

白内障手術と眼内レンズについて

白内障と眼内レンズってどんな関係なの?

白内障手術では、水晶体を乳化させて吸引して取り除き、目の中に人工のレンズを挿入します。これが「眼内レンズ」です。
その為、『 白内障手術 』は同時に『 屈折矯正手術 』でもあることになります。近視が強かったり、乱視が強かったり、老眼で困っていたりする患者様は白内障手術の際に、ライフスタイルにあった快適な生活を送れる屈折矯正手術を同時にうける事ができる事になります。

その為、満足度のある白内障手術を受けて頂くために、手術法だけでなく、眼内レンズについてきちんと知っておくことが大切です。

 眼内レンズは、白内障の手術後、水晶体の代わりになるもので、若い頃の水晶体と同等の役割を果たすことが理想です。もちろん人工のレンズですから、水晶体が持つすべての機能に取って代われるものではありませんが、近年、この領域の技術は目覚ましい進歩を遂げており、単に濁りを取るだけでなく、より質の高い見え方を達成できるような付加価値がついた眼内レンズが実用されています。
老眼矯正白内障手術・乱視矯正白内障手術を参考にして下さい。

当院の白内障手術

白内障手術は私の人生をかけた取り組みです。
研修医の頃から、白内障手術の達人や神様といわれた先生方に教えて頂いたりした事が懐かしく思い出されます。研修医時代は白内障手術に2時間程かかって必ず入院して頂いておりましたが、今では通常症例では低侵襲に安全に3-4分くらいで手術ができて、当然になっておりますので外来手術で十分です。
毎年千数百例以上を執刀しており、累計15,000例以上の白内障手術を執刀しております。
特に難治性白内障老視・乱視矯正白内障手術緑内障同時白内障手術に積極的に取り組んでおります。さらに、当院は厚生労働省より、先進医療実施施設 に認定されております。

私の白内障の術式をシェーマで説明を致します。

  • 強角膜耳側より、2.0-2.4mm切開しております。

  • 前嚢切開は前嚢鑷子を用いて、4-5mm経で正円に行っております。

  • 白内障をプレチョッパーを用いて4分割した後、白内障を超音波で乳化させて吸引します。(超音波乳化吸引術)

  • 切開創を拡げることなく、眼内レンズを小さく折りたたんでインジェクターを用いて、眼内レンズを眼内にインサートします。これで白内障手術は終了です。

非常にシンプルな術式であると思います。いかに術式をシンプルにして安全な手術を行うことを常に心がけています。患者様の目を守って、快適な手術を行えるように努めております。

難症例白内障の場合は、術式がいろいろ追加されたり全く変わったりします。
難症例の場合は1人づつ個別の手術となることがあります。
硝子体手術・緑内障手術・眼内レンズ縫着術・眼内レンズ強膜固定術・CTR手術・瞳孔形成術・眼内レンズ入替術・裂孔閉鎖術・線維柱帯切除術・ExPRESS手術・iStent手術・白内障核落下硝子体手術・眼内レンズ落下硝子体手術・Add-onレンズ挿入術・眼内レンズ回転術など手術をいろいろなデバイスや術式で行っております。
当院では大学病院でしかできない手術も防衛医大眼科 竹内教授帝京大学溝口 石田教授の御執刀や御協力を頂き、ほとんどすべての手術を行っております。

あと、眼内レンズに関しては全世界の眼内レンズを取り扱っております。
こちらの眼内レンズの詳しいご案内を参考にして下さい。満足度のある白内障手術を受けて頂くために、手術法だけでなく、眼内レンズについてきちんと知っておくことが大切です。近年、この領域の技術は目覚ましい進歩を遂げており、単に濁りを取るだけでなく、より質の高い見え方を達成できるような付加価値がついた眼内レンズが実用されています。


老眼矯正白内障手術・乱視矯正白内障手術

当院の白内障手術まとめ

1. 手術時間は通常3分から5分程度

以前は手術に30分以上かかっていましたが、超音波で水晶体を砕き吸引する方法が開発され、眼内レンズも柔らかい素材に改良されて小さな切開創から折りたたんで挿入できるようになったことから、今では3分から5分程度で手術が終了するようになりました。

  • 目薬で麻酔を行い、強角膜の部分を小切開(2.4mm)します。
  • 超音波を使って水晶体の核や皮質を砕いて乳化吸引し、綺麗にして嚢だけを残します。
  • 残した嚢を利用して眼内レンズを折りたたんで挿入します。
    眼内レンズは、嚢で固定され、小切開部分も縫合を行わず自己閉鎖します。

2. 日帰り手術で行い入院は不要

当日は、手術前の準備から手術が済んでお帰りいただくまで、2-3時間ほどで終了します。手術御家族用の待合室や手術患者様用の半個室の待合室がありますので、落ち着くまで、ゆっくりとおやすみいただけます。

入院しても、目薬を看護師にして頂くだけですので、基本的に入院は必要がありません。どうしても入院を希望される場合は、ご相談下さい。

3. 目薬麻酔で、麻酔の注射のない痛みの少ない手術

目薬麻酔で眼科の中では痛みは少ない手術です。術中に緊張したり、沢山動いたりすると痛みが増えますので、気持ちをゆったりとして、お休みして下さい。

4. 白内障術後 細菌性眼内炎発症率 0%

強角膜をわずか2.0-2.4mm切開するだけですので、傷口を縫う必要はありません。
当院で使用する眼内レンズは、すべて折りたたみができるレンズなので、専用の器具に入れて傷口を広げることなく眼内に入れることができます。清潔で感染の心配もありません。今まで15,000例以上、当院の白内障手術では細菌性眼内炎を全く起こしておりません。

5. 難治症例 白内障手術

当院では大学病院でしかできない手術も防衛医大眼科 竹内教授帝京大学溝口病院眼科 石田教授の御執刀や御高診を頂き、眼科としてできるほとんどすべての手術を行っております。
硝子体手術・緑内障手術・眼内レンズ縫着術・眼内レンズ強膜固定術・CTR手術・瞳孔形成術・眼内レンズ入替術・裂孔閉鎖術・線維柱帯切除術・ExPRESS手術・iStent手術などを同時にする事も行っております。他院ではできないと言われた、他院で手術をしたが見え方が悪いなど、諦めていた難しい目の患者様も見えるようになる可能性があります。ご相談頂けますと幸いです。

  • 硝子体白内障手術装置
    • 緑内障手術
    • 線維柱帯切除術
    • CTR
    • i-ring
    • Malyugin Ring
    • Malyugin Ring
  • 緑内障インプラント手術 ExPRESS
  • 極低侵襲緑内障手術 iStent手術

6. 保険診療について

単焦点眼内レンズや単焦点 乱視矯正 眼内レンズは保険診療となります。

先進医療 多焦点眼内レンズの場合は、先進医療の対象になり診療や投薬は保険診療で、手術と眼内レンズのみ自由診療となります。プレミアム 多焦点眼内レンズ(3焦点 老視矯正 乱視矯正)は自由診療となります。

7. 実績と経験

院長は25年間の白内障手術経験があり、白内障手術を3分~4分で行い、15,000例を超える手術実績を誇るスペシャリストです。多焦点眼内レンズや難症例白内障も多くの手術を執刀しており、患者様の大切な目に責任を持って手術を執刀させて頂いております。