手術

斜視弱視治療

人間の左右の眼は、意識がボーッとした状態では上下・あるいは内・外向きにずれていることがよくあります。ですが、そのままで見るとだぶって見えてしまい脳が混乱するため、脳から指令が出て左右の眼の位置を補正し、一つに見えるようにする働きがあります。これを両眼視機能といいます。
斜視とは右目と左目の視線がずれた状態のことをいいます。これは自力で眼の位置を補正するには元々のずれが大きすぎる場合、眼球を動かす筋肉や神経に異常がある場合、遠視が強い場合、あるいは両眼視機能がない場合などにおきてきます。視力の発達期にある子どもの斜視の場合、そのままにしておくと視線がずれている眼の視力が出ない弱視になったり、両眼視機能が発達せず立体的にものをとらえられないまま成長してしまいますので、視能訓練や手術を受けていただく必要があります。大人の斜視の場合は、いつから発生しているか、原因は何か、両眼視機能があるか、などの条件で対処法が変わります。
治療は特殊な「プリズム」を組み込んだ眼鏡を使ったり、眼球の向きをコントロールする筋肉の位置をずらす手術により対処します。

両眼視機能

治療は特殊な「プリズム」を組み込んだ眼鏡を使ったり、眼球の向きをコントロールする筋肉の位置をずらす手術により対処します。

弱視

人間の眼は、産まれながらに遠くまで見えるわけではありません。
産まれたときはほとんど視力はなく、身の回りにあるものを見つづけることで脳が刺激され、脳の発達により視力が出るようになってきます。だいたい3~4歳で、矯正視力が1.0測れるようになるのが一般的です。

ところが、生まれつき乱視や遠視が強いと身の回りのものがぼやけて見えます。すると、そのぼやけた世界がその子にとっての当たり前になってしまい、視力があまり上がらないまま成長してしまいます。これが弱視で、弱視とは眼ではなく脳の発達が未熟な状態といえます。他には、先天性の白内障や眼瞼下垂、斜視などが原因でも弱視になります。

弱視があるとわかった場合、まずはその原因を取り除くことが重要です。
遠視や乱視に対してはメガネをかけたり、白内障や眼瞼下垂に対しては手術をする必要があります。
その上で、8歳程度までは視力発達の可能性が高いので、通院していただきながら弱視の眼を強制的に使わせる訓練を行い、治療していきます。

近視治療

子供のころに近視の進行を抑えるのが大切な理由

近視は網膜より前にピントが合ってしまう状況です。屈折性と軸性といわれるものがあります。屈折性は角膜・水晶体の光を屈折させる力が強く網膜の前でピントが合うもので、白内障で近視化するのはこれです。軸性は眼球自体が縦長になってピントが合う位置が網膜まで届かないもので、育ち盛りのころに進行するのはこれです。赤ちゃんは誰でも眼球が小さく遠視ですが成長に伴って眼球が大きくなり、正視や近視の方向に進みます。一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることがありません。そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するためには重要となります。
低濃度アトロピン(マイオピン)には眼軸長を伸展させる働きに関連するムスカリン受容体をブロックする効能があると言われています。



マイオピン点眼薬とは



近視の進行を抑える目薬

当院では、低濃度アトロピン点眼を1日1回点眼することによって近視の進行を抑制する治療を行っております。
低濃度(0.01%)アトロピン(マイオピン)はシンガポール国立眼科センターの臨床試験での近視抑制効果が証明されました。近視の進行が完全に止まるわけではありませんが、少なくとも2年間継続して使用することで、何もしない方と比べ近視の進行を軽減するデータもあります。



※日本でも旭川医科大学、大阪大学、川崎医科大学、京都府立医科大学、慶応大学、筑波大学、日本医科大学にて臨床研究が始まっています。当院の目薬も国内臨床研究と同じ目薬を使用しています。

マイオピンの特徴

近視の治療方法

近視を治療する方法は幾つかあります。レーシックに代表される手術治療、オルソケラトロジーというコンタクトレンズを装用しての治療、そして進行を抑制する治療としてアトロピン点眼があり1960年頃から使用されてきました。

従来の副作用を克服した点眼薬「マイオピン」

1%アトロピンは1960年ごろから海外では近視治療用に使用されていましたが下記のような副作用がありました。

・瞳孔がひらき続けることによる、まぶしさと強い光による不快感や目の痛み


・目の調節機能(手元を見る作業)が低下し、近くの物がぼやけて見え、読み書き等近くを見る必要がある作業が困難になる


・アレルギー性結膜炎及び皮膚炎


そのため、これらの副作用を抑えかつ効果があるものということでシンガポール国立眼科センター(SNEC)で研究が行われました。
アトロピン0.01%の効能・効果及び安全性の研究(点眼を2年間継続した後によるもの)では以下のように報告されています。


・アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はありませんでした。


眼圧(IOP:Intraocular eye pressure)に影響を与えないとの報告でした。


白内障を形成するとの報告はありませんでした。


点眼終了後も目の遠近調節機能の低下、また瞳孔がひらき続けてしまうという報告はありませんでした。


電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありませんでした。


マイオピンQ&A

Q:マイオピンの副作用はありますか?
Q:近視が戻る事は、ないでしょうか?
Q:オルソレンズの併用は可能ですか?
Q:視力は回復しますか?
Q:どれぐらいの期間続けるのですか?
Q:子供が12歳以上ですが、治療を受けることは可能ですか?
Q:メガネやコンタクトレンズとの併用は可能ですか?
Q:ご注意点として