最新の手術検査機器

最新の手術検査機器

手術は日進月歩進化しています。手術技術の進歩と手術器械の進歩が合わせて手術が進化しています。
 過去の手術を大切にはするが固執せず、新しい良い技術や考え方を導入して行くことが大切であると思います。
当院の白内障に関する器械を紹介致します。

当院の白内障に関する器械を紹介致します。

  • 手術室

    中央の青いイスのにく腰掛けて、リラックスしてください。リクライニングシートがゆっくり倒れます。あとは安心して医師へお任せください。

  • 網膜硝子体・超音波白内障手術装置

    コンステレーション® ビジョンシステムは、硝子体手術に新たなる可能性を提供します。医原性裂孔や術後合併症のリスクを軽減する高回転ウルトラビット® プローブとデューティーサイクルコントロール、リアルタイムの灌流調整により、新たな眼内圧の安定性とコントロールの基準を提供するIOPコントロール、多様性と安定性を実現し、硝子体手術のあらゆる挑戦をより容易にするMIVSシステム、核を弾かず、より高い追従性と効率を実現するOZil® トーショナルフェイコ、手術のセットアップをよりスムースに効率的に進めるV-LOCITY® ユーザサポート機能等の優れた特徴は、理想的な術後結果をもたらします。

  • 網膜硝子体・超音波白内障手術装置

    前出の「(網膜硝子体手術・超音波白内障手術装置)」をさらに進化させた全世界最高水準の次世代最新網膜硝子体手術装置です。さらに安全で患者の手術侵襲(負担)が少なく、高度な網膜・硝子体手術を可能にした手術機器です。

  • 手術顕微鏡 OPMI Lumera i

  • IOLマスター700光学式生体計測装置

    白内障手術の際に使用する眼内レンズの度数を測定します。

  • OCT光干渉断層計

    高画質・高解像度の眼底画像がスピーディーに撮影でき、患者様の負担が少なくなる最新の眼底3次元解析装置です。

  • 前眼部OCT CASIA2

    非接触・非侵襲で前眼部の3次元撮影が可能な前眼部OCT。感染リスクの少ない検査方法です。水晶体までの断面像や、角膜の形状を計測する最新式の検査装置です。

  • 超音波画像診断・眼軸長/角膜厚測定装置

    目の奥の異常をエコーを使い観察します。
    白内障手術をされる方は、眼内レンズの度数を決める上で必要な検査です。

  • 角膜形状測定装置 TMS-4 アドバンス

    角膜曲率半径分布を測定し、角膜の乱視軸や全体の形状を把握する検査です。
    角膜の形を色で表示し、状態を解析します。

  • オートレフケラト/トノメーター

    乱視・近視・遠視の軸や度数、屈折曲率半径、眼圧、目の硬さ、屈折を測る検査機械です。

  • スペキュラーマイクロスコープ

    (角膜内皮測定装置)角膜は、俗に「黒目」とよばれる部分に相当し、光学レンズの役目を持つ透明な組織です。組織学的には5層から成り、その一番内側に位置しているのが角膜内皮と呼ばれる組織です。
    この角膜内皮細胞は、一度数が減ると増えることはありません。
    スペキュラーマイクロスコープでは、角膜内皮細胞の数や大きさ、形を測定します。