第193回 埼京眼科学術集会のご案内

日本眼科学会認定専門医3単位(生涯教育認定事業No.59104)
日時
2019年5月25日(土) 18:00~
会場
川越プリンスホテル 3F マリー・ゴールド
川越市新富町1-22 ☎︎ 049-227-1111
会費
1,000円
※会費の一部を東日本大震災の義援金に充てさせていただきます。

ご挨拶

暖かな春風が心地よい時節柄、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、この度の第193回埼京眼科学術集会では、当教室の学術研究を2演題ご報告させて戴き、特別講演に滋賀医科大学眼科教授の大路正人先生、慈恵医科大学眼科教授の中野匡先生をお招きしております。大路教授には日本人の加齢黄斑変性を対象として行われた2種類のTreat and Extend法を比較した多施設共同研究の結果、そして中野教授には今日の緑内障診療における個別化治療戦略についてご講演戴く予定です。両講演とも、私たちの実臨床に即した内容であり、学会では聞けない詳細なお話も拝聴できるかと存じます。講演後は情報交換会をご用意しておりますので、晩春に学術、医療を通してより親交を深めて戴ければ幸甚です。多くの先生方のご参加を心よりお待ち申し上げております。す。

2019年4月吉日
防衛医科大学校 眼科学教室
教授 竹内 大

一般講演
1.原疾患治療中にCMV網膜炎をきたした症例
座長廣田 直人先生 東町眼科 院長
島㟢 晴菜先生 (防衛医科大学校 眼科学教室)
2.防衛医科大学校病院におけるぶどう膜炎の統計
座長榎 敏生先生えのき眼科 院長
菅岡 晋平 先生 (防衛医科大学校 眼科学教室)
特別講演
1.緑内障の治療継続を妨げる高い壁
座長竹内 大先生 防衛医科大学校眼科学教室 教授
演者中野 匡先生 東京慈恵会医科大学 眼科学講座 主任教授
2.加齢黄斑変性の診療:最適な治療レジメンを求めて
演者大路 正人 先生 滋賀医科大学 眼科学講座 教授
※ プログラム終了後、情報交換会を用意しております。
※ 眼科専門医制度登録証をご持参ください。
連絡先
防衛医科大学校眼科学教室
〒359-0042 埼玉県所沢市並木3-2
TEL:04-2995-1683 FAX:04-2993-5332
神田 貴之 宛
地図
共催:埼京眼科学術集会 / 参天製薬株式会社 /バイエル薬品株式会社
© 2010 -2019 埼京眼科学術集会